So-net無料ブログ作成
検索選択

首相「官僚は大バカ」発言変えず(産経新聞)

 菅直人首相は9日夜、官僚を「大バカ」と評した自らの発言について、「やや言い過ぎだったかもしれないが、一番優秀とされる財務省(の官僚)がいながら、何で(国内総生産の)180%もの累積債務残高ができたのか」と述べ、発言を撤回しなかった。ただ、「官僚の経験や知識は大いに活用したい」と強調した。

 首相は昨年10月の講演で、「霞が関(の官僚)なんて成績が良かっただけで大バカだ」と批判した。だが、8日の就任記者会見では「官僚こそが政策や課題に取り組んできたプロフェッショナルだ」と持ち上げていた。

【関連記事】
菅首相会見 初日から「守り」の姿勢 「逃げる」晋作!
トンチンカン発言連発! 菅政権の経済政策に期待と不安
官僚2割削減の検討を指示 ロシア大統領
菅内閣発足 まず国家の基軸を示せ 言葉よりも具体的な成果を
菅内閣の基本方針 初閣議で決定

<菅首相>重要法案成立に意欲 会期延長検討(毎日新聞)
佐世保小6同級生殺害 命の重み、忘れない…事件から6年(毎日新聞)
【高速道路新料金】菅首相から最初の指示…微妙に後退?(レスポンス)
<訃報>本多立太郎さん96歳=戦争体験の語り部(毎日新聞)
不正流用 ローソン子会社の元専務ら特別背任容疑で逮捕(毎日新聞)

貧血男性転落、遮断棒破損…3.2万人影響 JR阪和線(産経新聞)

 31日午前7時半ごろ、堺市西区鳳東町のJR阪和線鳳駅で、出発しようとした鳳発天王寺行きの快速電車の後方で、男性(19)がホームに転落。車掌らが転落に気づき、男性を救出した。堺市消防局によると、男性は病院に運ばれ、足の骨を折るなどのけがを負ったという。

 JR西日本によると、男性は貧血を起こし倒れたという。快速電車は7分遅れで出発した。JR阪和線では午前9時ごろ、大阪府貝塚市半田の東貝塚−東岸和田駅間の踏切で遮断棒1本が折れているのが見つかり、復旧作業による運休や遅れで3万2千人に影響したという。

【関連記事】
自転車で用水路に転落か、女性死亡 東京・江戸川
ミス神戸→投資失敗→詐欺容疑 小杉元文相妻の“転落”
九死に一生…小4男児、9階から転落も命に別状なし
中国携帯メーカーで相次ぐ自殺 軍隊式管理のストレス? 一人っ子世代のひずみ?
お手柄女子高生ら表彰 車いすごと用水路転落の男性救助
iPadが上陸

部活中の重体事故、教諭の暴行罪「不起訴不当」(読売新聞)
首相沖縄再訪「辺野古」明言 “公約”と矛盾 偽りの5月決着(産経新聞)
<普天間移設>キャンプ・シュワブの代替施設、自衛隊も共用(毎日新聞)
<社民・福島氏>「重大な決意」連立離脱を示唆(毎日新聞)
貧血男性転落、遮断棒破損…3.2万人影響 JR阪和線(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。